資本金の払込証明書

払込証明書とは資本金の証明書として法務局への登記申請書の1つとして提出する書類のことです。

払込証明書は、表紙となる書類を作成し、資本金を振り込んだ通帳のコピーを取りそれらをまとめて製本し、作成します。

 

払込証明書(表紙)の書式例

 

払込証明書

 当会社の設立時発行株式については以下のとおり、全額の払込みがあったことを証明します。

設立時発行株式数   300株
払込みを受けた金額   金300万円

平成  年  月  日

〇〇株式会社

設立時代表取締役    

 

※㊞には会社の代表印を押印
※日付は資本金を振り込んだ日付より以降の日付を記載

通帳のコピーの取り方

資本金が振り込まれた銀行口座の通帳のコピーをとります。

コピーを取る箇所は3か所で、それぞれ、

①表紙のコピー

②通帳の1ページ目 ・・・ 銀行名・名義人・口座番号が書かれている箇所

③明細のページ   ・・・ 資本金の振込人、資本金額、入金された日付が書かれている箇所

となります。

 払込証明書の製本の仕方

払込証明書の表紙の作成、通帳のコピーが終わったら払込証明書の製本します。

製本の方法は、

①払込証明書の表紙
②通帳の表紙のコピー
③通帳の1ページ目
④明細のページ

の順番で書類を重ね、書類の左側をホチキスで二か所止めます。

そして、それぞれのページを開いて真中のつなぎ目の部分に契印すれば完成です。
契印に使用する印鑑は会社の代表印です。

司法書士小林法務事務所

愛知県豊川市南大通六丁目16番地

 

TEL:0533-56-3161

代表/受付時間9~18時)

 

email;kobayashi5742@me.com

 

休業日

土日/祝日

 

対象地域

愛知県東三河全域

 

お気軽にご相談ください