相続とは?

人が死亡することにより、その人の残した財産が子や配偶者(妻、夫)に受け継がれることを言います。

民法という法律に相続の定めがあります。

 

相続財産にはすべて財産が含まれます。

一般的なものとしては

①家、アパート、土地、宅地、畑、山などの不動産

②銀行、信用金庫等の金融機関の預貯金、定期預金等も含みます。

③株式等の有価証券

④自動車、電話加入権、家財道具など

 

※借金も相続財産となりますのでご注意ください。

 

 

遺産分割協議とは?

相続人が確定し、相続財産も把握できたら次に遺産分割協議というものを行います。

誰がどの財産を引き継いだり、貰うのかという協議です。

法定相続分というものが民法で定められておりますが、協議の仕方は全て相続人が合意すればどのような分け方でもかまいません。

例えば親の世話をしてきた相続人すべての相続財産を引き継がせることもできます。

そしてこの協議が成立したことの証明書として遺産分割協議書という書面を作成します。

作成が終わりましたら、その遺産分割協議書に基づいて下記の手続き先にて相続登記、預貯金の解約などを行っていきます。

・不動産 → 相続登記(法務局)       

・預貯金 → 解約、名義変更(金融機関)   

・株式  → 名義変更(証券会社)     

・自動車 → 移転登録(検査登録事務所)   

・年金  → 社会保険事務所 

 

司法書士小林法務事務所

愛知県豊川市南大通六丁目16番地

 

TEL:0533-56-3161

代表/受付時間9~18時)

 

email;kobayashi5742@me.com

 

休業日

土日/祝日

 

対象地域

愛知県東三河全域

 

お気軽にご相談ください